ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

長年DVを受けた被害を受けていた配偶者が,慰謝料を取得して離婚できた事例

ご相談内容

長年,配偶者から暴力を受け続けていましたが,あまりの暴力の熾烈さに入院してしまい,身の危険を感じ,そのまま別居になりました。 その後も配偶者からは連絡は鳴り続けており,気の休まる時間はありません。

解決事例

弊所にご依頼いただき,離婚に向けた協議を開始しました。 その後も相手方は感情的に抵抗してきたところ,離婚訴訟を行い,最終的に財産分与及び慰謝料を認めてもらい,無事和解で離婚が成立して新しい生活をスタートしました。

ポイント

長年の熾烈なDVを受けたがあれば,法定の離婚事由が認められ,相手方が離婚に抵抗していても,離婚をすることが可能です。 今回のケースも,当事者同士だけの話合いであれば,離婚をすることは困難でしたが,弁護士に依頼いただくことで,離婚に進むことができたケースです。 どんなことがあっても,暴力は許されるものではありません。配偶者の暴力を受けながら,離婚ができずに悩んでいる方がいらっしゃれば,一度弊所までご相談ください。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。