ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

弁護士介入により財産分与額が大幅に増額した事例

ご相談内容

夫からは日常的にモラハラ,DVを受けたを受けており,生活費も満足に渡してもらえていませんでした。子どももいますが,子どもへの当たりも強く,これ以上一緒に生活することは難しいので,離婚を考えています。私から一度離婚を切り出してみたことはありますが,逆上され,財産分与も何もしない,と脅されたので,どのように進めれば良いかも含めてご相談したいです。

解決事例

同居しながら離婚を切り出すことは,DVを受けた含め非常に不安があったため,別居を開始するとともに,別居開始直後に弁護士から連絡をしました。また,話合いでの解決は当初より難しいと思われたこと,相談者の安全を確保するためにも裁判所の関与が望ましいと思われたことから,直ちに離婚調停を申し立てました。夫側は当初離婚を拒み,一切財産分与も慰謝料も認めないと主張していましたが,最終的には700万円の金銭の支払いを受けることができました。

ポイント

離婚する場合には,結婚から別居までに夫婦で築いた財産を,2人で分けることになります(財産分与,といいます)。離婚を切り出した側,一方的に別居を始めた側からであっても,当然に財産分与の主張をすることができます。また,DVを受けたやモラハラによって夫婦関係が破綻した場合には,慰謝料を請求することができます。他方で,一方の承諾無くして別居を開始したとしても,これを理由として慰謝料を請求されることはありません。今回は,弁護士介入前は離婚は拒否され,金銭は一切支払わない,との主張を受けていましたが,最終的には無事財産分与と慰謝料を支払ってもらい,離婚を成立させることができました。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。