離婚 解決事例|不貞行為に関する慰謝料請求が大幅減額になった事例|名古屋新瑞橋事務所

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

不貞行為に関する慰謝料請求が大幅減額になった事例

ご相談内容

 既婚者の男性とお付き合いしていたところ、男性の配偶者から慰謝料を請求されました。
 慰謝料を払うのは仕方ないと思っていましたが、相手方からは慰謝料以外にもいろいろ要求されており、自分で話し合って解決するのは難しくなりました。

解決事例

 適切な慰謝料の金額を提示した上で、その他の条件についても対応できるものできないものを明確化して交渉し、相手方の請求する慰謝料額から大幅に減額した金額を支払う内容で、示談が成立しました。

ポイント

 不貞行為について慰謝料について過大な金額が請求されている場合や、職場からの退職など慰謝料以外にも過大な要求がなされる場合があります。
 不貞行為を行った場合、慰謝料は支払わなければなりませんが、慰謝料の金額は、具体的な事情に応じて定まります。法的には認められないような要求がされる場合もありますが、弁護士に依頼することで適切な金額・条件で示談できる場合がありますので、お困りの際には弁護士にご相談いただくことをお勧めします。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。