離婚 解決事例|弁護士が相手方を説得したことで早期に協議離婚が成立した事例|名古屋新瑞橋事務所

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

弁護士が相手方を説得したことで早期に協議離婚が成立した事例

ご相談内容

 Aさんは,当初弁護士を入れずに離婚協議をしていたものの,夫である相手方がAさんの話を全く聞かず勝手に話を進めていくことやAさんの人間性を否定してくることから、精神的に追い詰められてしまいました。

解決事例

 当初,相手方は,自分の考えに固執していましたが,弁護士から粘り強く法律的に認められ得る財産分与額,養育費額を伝え,調停になった場合の負担を説明したところ,最終的には当方の条件どおりで協議離婚に応じてもらうことができました。

ポイント

 当事者間の話合いではどちらか一方の独善的になる場合がありますが,弁護士が入ることで客観的にみて法的妥当な結論になるケースは多くあります。また,弁護士が入ると時間がかかると思われる方もいらっしゃいますが,むしろ弁護士が相手方を説得することで早期離婚が可能というケースもあります。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。