離婚 解決事例|別居期間が5年以上経過して離婚が認められた事例|名古屋新瑞橋事務所

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

別居期間が5年以上経過して離婚が認められた事例

ご相談内容

 Kさんは、子供が生まれた頃から夫との意見が合わず、離婚をするため、子供を連れて別居することに決めました。別居期間中、何度も夫に離婚届を書いてもらいに行きましたが、全く話になりませんでした。

解決事例

 別居期間中、夫からは、夫婦関係の修復に向け、具体的な話し合いがなされたことがなかったため、裁判離婚の可能性もあると考えましたが、まずは家庭裁判所で離婚調停を行う方針を決めました。
 離婚調停と同時に、婚姻費用の支払いを求める調停を行ったところ,婚姻費用については月7万円の支払を行うという条件で合意をすることができました。
 もっとも、離婚については納得してもらうことができず、やむを得ず離婚訴訟を行うことになりました。
 離婚訴訟では、5年以上別居していたことが重視され,「婚姻を継続し難い重大な事由がある」として、離婚判決が出され、さらに親権者にはKさんが指定され、月5万円の養育費についても認められました。

ポイント

 別居期間が長期にわたる場合、「婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚原因があると判断され、裁判上の離婚が認められることがあります。別居期間の長短、その他の離婚原因について考慮されますが、今回のケースのように離婚に向けて3年以上別居し、別居期間中に夫婦間が接触がほとんどなかった場合には、夫婦関係の実態がなく、離婚原因があると判断されることが多いようです。
 夫の婚姻継続の意思が固く、調停で早期に解決することはできませんでしたが、判決内容には異議が出されずに確定したため、Kさんも無事に新しい生活を始めることができました。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。