ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

不貞相手から早期に慰謝料の支払いを受けれた事例

ご相談内容

Hさんは、夫の浮気を発見し、不貞相手に対し、慰謝料を請求したいと思う一方で、相手方と後々、トラブルになること等を心配され、相談に来られました。

解決事例

Hさんは、慰謝料の多寡よりも、相手方と早期に和解することを強く望んでいました。 そこで、弁護士において、過去の裁判相場や相手方の資力に照らし、相当額を算出し、交渉したところ、相手方からは当方の提示額どおりの金額を速やかに支払ってもらうことができました。 また、相手方はHさんの住所や名前を知っていましたので、和解にあたっては相手方の把握しているHさんの個人情報等を漏洩しないことや他方の誹謗中傷をしないこと等を取り決め,将来的な不安要素を取り除きました。

ポイント

慰謝料の相場は,高度に専門的な考慮を要するため,ご自身で請求額を決定するのは難しいといえます。また,慰謝料の支払いを受けるだけでは,不貞相手からの将来の嫌がらせ等の不安は払しょくできません。 不貞相手との交渉を弁護士にお任せいただきましたら,交渉に伴う心理的負担を軽減できるうえ,相手方との今後のトラブル防止等を見据えた和解契約書を作成し,将来的にわたるご不安も解消可能です。 不貞相手に対する慰謝料請求を検討されている方は是非一度,弁護士にご相談ください。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。