ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

不貞慰謝料請求と時効

ご相談内容

夫が不貞行為をしたのですが,それは3年程前のことでした。それでも,私から夫と不貞相手の女性に対し慰謝料請求することができますか。

解決事例

依頼者には調査会社による不貞行為の証拠を持っていました。その資料には夫の不貞行為の現場(夫が不貞相手の女性と一緒にホテルに入る様子)が撮影されていました。そのため不貞行為を立証するに足りる証拠がありました。 そこで,早速,代理人から夫及び不貞相手の女性に対し慰謝料請求の書面を送付しました。 そして,代理人にて不貞相手の女性と複数回交渉を重ねたところ,約100万円を回収することができました。 他方,夫は,婚姻関係が破綻している間の不貞行為であるため慰謝料は支払わないと頑なに拒みました。そのため,当方は,交渉による限界を感じ,証拠もあることから,慰謝料請求訴訟を提起しました。その後訴訟において2回程夫の代理人と交渉をし,最終的には金100万円で解決することとなりました。

ポイント

不貞慰謝料請求の時効期間は,不貞行為の事実を知ってから3年とされています。今回の事例では,調査会社の調査報告書の日付から既に3年が経過していました。しかしながら,最終的には,不貞相手から消滅時効を援用されることなく,金100万円程を回収することができました。3年を経過しているとしても,相手方が消滅時効を援用しない限り,慰謝料請求権は消滅しません。そのため,まずは不貞相手に対し慰謝料請求をしてみてはいかがでしょうか。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。