離婚 解決事例|不貞の慰謝料請求を受けたが、相手方と早期に合意が成立した事例|名古屋新瑞橋事務所

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

不貞の慰謝料請求を受けたが、相手方と早期に合意が成立した事例

ご相談内容

Aさんは、既婚者であるBさんと不貞関係にあったところ、Bの妻であるCから慰謝料請求をされました。

解決事例

Cは非常に感情的になっており、頻繁にAに電話をかけてきたり、一度合意しかけた金額をすぐに撤回して高額の請求をしたりしておりました。そこで、弊所より受任通知を送付し、直接の連絡をやめて頂くとともに、適切な金額の支払を提示したところ、早期に、一定額の慰謝料をお支払いする内容にて合意が成立しました。

ポイント

不貞行為をされた側が不貞行為をした側に必要以上に連絡を取ってしまい、場合によっては職場等に押しかけてきてしまうケースがあります。 本件では、弁護士の介入により、直接連絡が来ることを速やかに防止でき、また、適正な金額により早期に示談を成立させることができました。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。