弁護士コラム|法律相談は愛知総合法律事務所の弁護士にご相談下さい!|名古屋新瑞橋事務所

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
ご相談はこちらご相談はこちら

弁護士コラム Column

交通事故における「過失」とは?

2022年03月07日
名古屋新瑞橋事務所  弁護士 佐藤 康平

交通事故においては、しばしば、「過失の有無」や、「過失割合」「過失相殺」が問題となります。
​では、そもそも、交通事故における「過失」とは、どのようなことを意味しているのでしょうか。
​日常用語としての「過失」は、おそらく、不注意であることを意味しているように思います。
​しかし、交通事故における「過失」とは、そのような日常的な意味での「過失」ではありません。  
​交通事故における「過失」とは、ざっくり言うと、
​ ① 交通事故が発生することを予見でき(予見可能性)
​ ② その発生を回避することができたにもかかわらず(結果回避可能性)
​③それを回避するための行動を怠った(結果回避義務違反)
​ ことであると考えられております。(所説はあります。)
​こう書くと複雑なように見えますが、具体的な例でみていくと、分かりやすくなるかと思います。
​例えば、交差点での出会い頭の事故について、
​​① 交差点において左右から自動車が進行してくることは、普通にあり得ることなので、当然予見できるはずである  
​② 予見できる以上、交差点に進入するにあたっては、左右を十分に注視して適切な速度で進行し、あるいは停止する等すれば、事故を回避することは可能であった  
​③ にもかかわらず、そのまま進行した結果、衝突してしまった と考えると、過失が認められることになります。  
​なお、もちろん、出会い頭の衝突であれば全てこうなるわけではなく、個別具体的な事情によります。
​ですので、上記はあくまで一例としてご理解下さい。  
​交通事故における過失は、概ね、上記のような判断過程をたどっています。  
​そうしますと、単に、 「相手方がぼーっと走行していたからだ!」 とか 「相手方が不注意だったんだ!」 とかいうだけでは、過失の主張としては不十分であるということになります。 法的に、予見可能性と結果回避可能性を前提として、結果回避義務に違反したから、「過失」が認められるのだ、と説得的に主張をする必要があります。
​ 交通事故の過失でお悩みの方は、ぜひ、愛知総合法律事務所にご相談下さい。

--
​愛知総合法律事務所名古屋新瑞橋事務所は,地下鉄名城線・桜通線新瑞橋駅から徒歩1分の場所に位置しております。初回法律相談は無料で実施しております。 
​ 瑞穂区・南区・緑区・天白区・熱田区をはじめとする近隣地域の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。​名古屋新瑞橋事務所のサイトはこちら
https://aratama.aichisogo.or.jp/
​ --​​

  • はてなブック
  • LINE
  • Pocket

この記事の著者

関連記事