ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

弁護士コラム
Column

インターネットの注意点(弁護士向け)

2011年06月15日
弁護士 森田 祥玄

名古屋でも、SNSを利用する弁護士が増えてきました。
私の友人の弁護士も、フェイスブックやツイッターに顔を出していることも増えました。
多くの弁護士の方にとっては常識かもしれませんが、新しくインターネット、特にSNSにチャレンジする先生方のために、簡単に注意点を書かせて頂きます。
1 広告規定に注意
名古屋で弁護士をされている皆様を見ていて、私より期が上の弁護士は広告規定にも気を遣っておられます。
やはり広告解禁の議論等の際に、勉強をされたからでしょうか。
例えば、弁護士は、広告には氏名と所属弁護士会を明記しなければなりません。
よく、電車の広告や駅看板などでも、名前の下に小さく(「愛知県弁護士会所属」)と記載されています。
これは、所属弁護士会を明記しなければならないという規定に従っているからです。
SNSが果たして「広告」なのかという問題もありますが、所属弁護士会は記載しておいた方が無難だと思います。
なお、ホームページを見ると、「愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)所属」と記載している先生もいます。
なぜ(旧名古屋弁護士会)もいれるのかというと・・・多分SEO対策です。
2 諾否の通知
Q 「mixiを利用しているのですが、「実は離婚を考えています。お願いすることができますか」とだけ、メッセージがありました。
mixiはほぼプライベート使用なので、返事をしなくてもよいでしょうか」
弁護士職務基本規定34条の問題となります。
自由と正義Vol56号(臨時増刊号)を参考に記載します。
職務基本規定には、
『第三十四条(受任の諾否の通知)
弁護士は、事件の依頼があったときは、速やかに、その諾否を依頼者に通知しなければならない。』
という条項があります。
弁護士に事件の依頼をした方は、弁護士が受任してくれるかどうか、知りたいと願っています。
また、案件によっては、素早い処理が必要となります。
そこで、速やかに諾否を通知しなければならないと規定されているのです。
但し、当該規定の適用にあたっては、実際には柔軟に対応されているようです。
自由と正義には、「勾留中の方が弁護士17名に依頼の手紙を送った」という案件で、
『回答をしなかったからといって、直ちに非行と評価されるものではない』
とした懲戒委員会の議決が紹介されています。
中身も何も分からない状態で、費用等も伝える前の段階でのメッセージが、果たして「依頼」といえるのか、疑問はあります。
ツイッターにいたっては、わずか140文字ですしね。
ただ、今までに類似の事例はありません。
SNS独特の問題でもありますので、できる限り何らかの回答はした方が無難かと思われますし、悩んだら職務基本規定に立ち戻るという意識ももっておいた方がいいと思います。
受任できないなら、受任出来ないことを伝え、さらに名古屋で法律相談をしているところ(栄の中日ビルなど)を紹介すべきかと思います。
3 利益相反チェック
従前から同じ問題はありましたが、SNSではより一層、利益相反のチェックが甘くなりがちです。
いきなりメッセージが飛んできますので、そのままメッセージを返すことがあります。
しかし、例えば離婚事件において、
・1週間前に妻側から法律相談を受けた
・その後、夫側からmixiで相談をしたいとのメッセージが飛んできた。
という事案も考えられます。

フェイスブックならまだ気付くことができるかもしれませんが、匿名性の高いSNSの場合、利益相反の確認をすることは難しくなります。
仮にSNSを利用して法律相談を受ける場合、事案の詳細を聞く前に、
・相談者の氏名・住所・電話番号、
・相手方の氏名・住所・電話番号、
は明記して頂き、データベースで利益相反状態にないことの確認をしてから、回答をすべきかと思われます。
個人的には、少なくとも大きな共同事務所では、SNSでの利益相反の問題を克服するのは困難だと考えています。
直接回答をすることは避けた方が無難だろうと思っています。

4 その他
あとは、まあ、あれですね。
守秘義務だけは厳格に意識するだとか、時事ネタの論争はほどほどにだとか、従来のインターネットの使い方と同じですね。
原則として、とても楽しい世界です。
特に若手弁護士には開かれた世界だと思います。
是非一緒に楽しみましょう。

健康管理

2011年05月22日
弁護士 木村 環

弁護士になってからずっと肩こりに悩まされております。年齢を少しずつ重ねてきたせいか、肩こりが治りません。
私は、弁護士になってから、ずっと続けている運動習慣として、毎週1回位のペースでスポーツジムに通っています。
ジムで体を動かし、お風呂に入って、その後、牛乳を飲む。
私にとっては、良い気分転換になりますし、また、運動した後は、肩こりも少し楽になっているような感じがします。
弁護士の仕事はデスクワークが多いため、運動不足に陥りがちです。
運動をすると心も体もリフレッシュできます。
これからも運動を続けて、元気な弁護士を目指して行きたいと思う今日この頃です。
目標は、いつか、ホノルルマラソンに出てみたいです(ハワイ旅行をかねて!?→本当はこちらが目的な気がします)。

ツイッターから見る未来

2011年05月17日
弁護士 森田 祥玄

こんにちは。弁護士の森田です。
さて、今回は、ツイッターについて。
この記事を書くちょうど1年前に、朝日新聞から「ツイッターを利用する弁護士」として取材を受け、記事にして頂きました。
取材を受けた当時はまだはじめたばかりでしたが、今では多くの人と関わりを持つ大きなツールとなっています。
顧問先の方が私を見つけて下さったり、同じ弁護士や、他士業の方の日常をかいま見たり。
始めは法律実務をつぶやき、皆様に情報提供をしようかと考えていました。しかし、文字数に制限があるため、情報提供の場として機能させるのは難しいですね。
きちんとした情報提供や自分の考えの表明はブログに譲り、ツイッターはコミュニケーションの手段とするのが正解なのかなぁと、漠然と考えています。
当然私は実名、顔写真付きでつぶやいています。
なので、私に依頼してくださった方も結構、私を発見して、つぶやきを見て下さっています。
弁護士に依頼をされる方は、紛争が起きたからこそ依頼をするのであり、それは決して楽しいことではありません。
また、私たちも、お金を頂いて仕事をしているのであり、どれだけうちがフランクな事務所といっても、あくまで委任契約の当事者です。
ですので、「弁護士と依頼者」との関係は、どうしても形式的・儀礼的になりますし、他人行儀にもなります。
しかし、依頼をされる方の中には、私がどんな人間なのか知りたいと思っておられる方も、多分いらっしゃいます。
・・・いらっしゃいますよね?知りたいですよね??
そんなとき、ツイッターは、「ちょうど良い距離感を持ったコミュニケーション」を可能にしてくれます。
私に絡みたい方は積極的に絡んで頂いても結構ですし、依頼した弁護士のつぶやきを覗きたいという方は、こっそりと見て頂いても結構です。
「そうか、森田さんは四日市に出張だったのか」「愛知総合は夜間の法律相談を始めたのか」など、ちょっとしたことを知ることができます。
私が仕事をせずにつぶやいていることも、丸わかりです。
ちなみに、私の事務所では、私の他に5名ほど、つぶやいていますよ。探してみてもおもしろいかもしれません。
これからは、今までよりも、もっと簡単に、弁護士との交流が可能となります。

弁護士会活動

2011年04月14日
弁護士 勝又 敬介

弁護士の仕事というと、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。
テレビドラマの影響で、被告人とガラス越しに面会したり(法律的には「接見」といいます)、刑事事件の現場に調査に行って遺留品を探したり、法廷で尋問をしたり、ということを思い浮かべる方もいるかもしれません。
実際のところ、被告人との接見にはしばしば行きますが、弁護士が事件現場に行って重要な遺留品を発見する、というドラマのようなことはまずありませんし、法廷で尋問をする機会は必ずしも多くはありません。
普通は依頼者や相手方の話を聞いたり、書類を書いたり、裁判所と事務的なやりとりをしてみたりといった、端から見ているとあまり動きがない時間が多いものです。
さて、こういった各弁護士が担当している民事や刑事の事件の他に、弁護士が結構大きな時間を割いているのが、弁護士会での活動です。
弁護士はそれぞれ、概ね都道府県単位で弁護士会に加入しています。
私の場合は名古屋で弁護士業をしていますので、愛知県弁護士会に登録しています。
弁護士会には、多くの委員会があり、弁護士会が行う公益的な活動等の中心となっています。
委員会活動は、基本的には頑張ってもお金にはならないので、あまり熱心にやらない弁護士もいますが、当事務所は所長の村上が愛知県弁護士会の会長を務めたのを筆頭に、比較的委員会活動を熱心にやる弁護士が多いようです。
かくいう私も、消費者問題対策特別委員会、交通事故相談センター運営委員会、多重債務対策本部、という3つの委員会に所属して活動しており、この春から消費者問題対策特別委員会の信用部会長という仕事を仰せつかりました。
この部会では、多重債務問題に関連する法律相談のガイドラインを作成したり、多重債務問題に関する研修の準備をしたり、といった業務が中心で、やることもそれなりに多く、部会の構成員もかなり多い方ですが、皆さん必ずしも熱心に委員会に出席する方ばかりではありません。
弁護士という仕事は公益的な側面もあるので、なるべくこうした活動にも力を入れることが弁護士としては望ましい姿だと思いますし、またそのことで弁護士としての経験の幅が広がり、業務にも役立てばいいなあ、などと考えています。

津島事務所1ヶ月

2011年04月07日
津島事務所事務局

名古屋事務所、小牧事務所に次いで,3月1日に津島事務所が開所いたしました。
津島市・愛西市・あま市,稲沢市近郊で初めての法律事務所ということもあり、相続・債務整理・離婚・交通事故など多くのご相談をいただいております。
私は事務員なので接する時間は短いですが、それでも対応させていただいたお客様より「やっと身近に相談できる場所ができて本当によかった」等とお声をいただいたときは,地域の皆さまに迎えていただけることに感謝の気持ちを抱くと同時に、ご期待を裏切らないようにと責任を感じます。
これからも,弁護士が事件に集中して取り組めるように、しっかり依頼者と弁護士との架け橋として、津島事務所を地域に根付かせるよう仕事に取り組んでまいります。