弁護士コラム|相続の法律相談は愛知総合法律事務所の弁護士にご相談下さい!|名古屋新瑞橋事務所

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

052-851-0171

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

弁護士コラム
Column

おくりびと

2009年04月09日

最近は、「おくりびと」が話題になりましたね。
納棺師の映画です。
世の中にはいろんな仕事があるんだな〜という驚きがありました。
日本人の死生観がかいま見える、いい映画でした。
事務員さんと話していると、結構みんな映画に詳しいです。
とても身近な娯楽ですしね。
私は名古屋駅近辺の映画館しか行きませんが、安城や半田にもシネコンは進出していますからね。
おすすめの映画がありましたら、是非是非紹介して下さい。

不況への対応

2009年04月08日

弁護士業務は、景気に応じて扱う業務が変わります。
今は、労働者からも使用者からも、解雇に関する相談を頻繁に受けます。
特に愛知県内の不況は戦後最悪といえるのではないでしょうか。
経営者の方には、雇用安定助成金のご相談など、解雇をしない方策に関してもアドバイスをさせて頂いております。
他方、労働者の方にも、なんとか生活を持ち直す解決ができるように、アドバイスをさせて頂いております。人生の転機に、一度専門家にご相談下さい。
労働者側、使用者側を問わず、弁護士業務は人生に大きく関わる仕事だな〜と、実感しております。

青い空

2009年04月07日

空が青いですね〜
当事務所の近辺には、名古屋有数の花見スポットが沢山あります。
名古屋城がその典型でしょうか。
裁判所へ向かう外堀通りにも、綺麗な桜が咲いています。
昨日は、事務所の目の前の公園でお昼ご飯を食べました。
公園には、綺麗な桜が咲いていて、夜になると花見客も訪れます。
事務所のK弁護士が1人公園でお弁当を食べていると、弁護士と事務局がわらわらと集まってきました。
青空の下、桜を見ながら食べるお昼ご飯は、とてもおいしく感じますね。
一時の間、喧騒を忘れることができました。
事務所のみんながこれからも、ずっと笑顔でいれますように・・・。
また、依頼者の皆様を、少しでも笑顔に出来ますように・・・。

残業代の不払い

2009年04月06日

残業代不払いの法律相談を受けた場合、まずは契約や勤務の形態をチェックする必要があります。
勤務の形態により、様々な法的論点が生じます。
例えば裁量労働時間制をとっているからといって、直ちに残業代を諦めてはいけません。
裁量労働時間制を採用するための要件を欠く企業も多いようです。
その結果、残業代金を請求できることもあり得ます。
残業代不払いは、タイムカードがあれば、原則としてタイムカードに従い請求できるのが実情です。
タイムカードがない場合は、電子メールや業務日誌等で判断をすることになります。
また、本人の詳細なメモがあれば、それが証拠になることもあります。
「パソコンを使った時間は働いていただろうと推認できる」とする裁判例もあります。
まずは弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

退職勧奨

2009年04月03日

会社が
「退職してくれんかね?」
と声をかけること自体は、あくまで会社の自由です。
これを、「退職勧奨」と呼びます。
しかし、社会通念上の限度を超えた勧奨は、もはや「強要」にあたり、違法となり得ます。
労働者の立場からすれば、退職勧奨に応じる義務はありません。
嫌なら、断ればよいのです。
逆に、使用者の立場からすれば、違法な退職強要にならないように、注意する必要があります。
(違法な退職勧奨を行った結果、損害賠償義務が生じることもあります)。
近時は労働者、使用者を問わず、整理解雇に関する相談が急増しています。
そしてその前提としての退職勧奨の相談も増えています。
法的な問題が多数存在しますので、一度専門家に相談されることをおすすめします。